<アキラ100%>裸芸への批判をポジティブに捉えていた

アキラ100%

裸芸への批判をポジティブに捉えていた

歌丸に批判されたアキラ100%

6月28日、『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にお笑い芸人のアキラ100%が登場し、裸芸への批判について語った。

アキラ100%は今年、『R-1グランプリ』で優勝し話題を呼び人気お笑い芸人となったが、裸でお盆1枚を操り芸を行う芸風のため、BPOから倫理的な問題を指摘されていた。
さらにBPO以外にも落語家・桂歌丸からも裸芸を批判された話が及んだ。

アキラ100%は批判した歌丸に対し「まず、歌丸師匠がぼくのことを知ってるんだと思って、認識していただいていることは嬉しいです。」と批判されたことよりも自身の知名度が上がったことに対して喜びをみせていた。

アキラ100%

出典:話題ニュース「リンク

裸芸を批判した歌丸にブーイングも

歌丸は6月17日、『もう笑点』に出演したあと取材に応じ、アキラ100%裸芸に対し「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆を持って出ていて何が芸なんですか?と私は思うな。あぁいうのを見て面白いな、うまいなと思われちゃ困る。」と批判していた。

歌丸は入院中に落語を聞いていたようで、落語の魅力を再確認したと言い、落語について「日本語であり日本の文化であり、日本の言葉を使って笑いと取るのが芸人であり、我々噺家だと思います。だから、大いに日本人に聞いていただいて日本語を理解していただきたい!」と語っていた。

ネットではこの歌丸の批判に対し、「噺家としてのプライドはわかるが自分と別のジャンルを下に見るのはよくない。」「歌丸さんってこういうのもひっくるめて寛大にみる人だと思っていた。」「少なくとも私は裸芸よりあの発言の方が不快だった。残念だ。」と批判が相次いだ。

同番組で、アキラ100%は自身が初めてテレビ出演が決定したときのことを振り返り、テレビ出演のオファーを疑っていてマネージャーに確認したことを明かした。
さらに現在でもBPOから何度も裸芸に対して批判されていることも話した。

アキラ100%

出典:livedoor「リンク

批判だけではなく高評価も

しかし、歌丸とは対照的に6月25日放送の『行列のできる法律相談所』に出演した俳優・向井理は収録前のアンケートに会いたい人に“アキラ100%”の名前を出していた。
アキラ100%は驚きの表情を見せ、喜んで裸芸を披露した。

芸を見た向井は「芸能として1つの大きな武器。言葉がいらないんで世界にも行けますし。」と称賛の声をあげていた。
さらに向井だけではなく歌舞伎俳優・片岡愛之助も6月12日の『Momm!』で会いたい人にアキラ100%を指名していたことを明かし、お互いに応援している間柄のようだ。

5月に放送された『ワイドナショー』でも同じお笑い芸人の松本人志は、「ある意味、一番倫理観がある。絶対に見せないんだから、裸芸じゃない。子供にいい影響がある。」とBPOの批判的な意見を否定した。

芸能界の中でもこのように、裸芸の披露に賛否両論が続いているアキラ100%。
世間がいつか、この新たな芸風を理解し批判されなくなることを願う。

<関連記事>
<桂歌丸>「もう笑点」でアキラ100%の裸芸を批判
<アキラ100%>丸出しハプニングに山崎夕貴アナが悲鳴
<アキラ100%>「裸芸」クレームが絶えない!?賛否両論の論争。

アキラ100%

出典:BEST4U「リンク