<海老蔵>小林麻央の旅立ちを報告、ブログにはコメントが殺到

小林麻央

小林麻央の旅立ちを報告、ブログにはコメントが殺到

小林麻央の死に戸惑う子供達

小林麻央が22日夜に死去した市川海老蔵が23日、都内で緊急会見をし、「昨日、麻央が旅立ちました。」と報告し、麻央のブログにはファンからのメッセージが殺到している。

海老蔵は長女の麗禾ちゃんの様子について、

麗禾は昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。
そして彼女の横でずっと寝ると言って、寝てました。
(死を)認識はしてると思います。

と語った。

勸玄くんについては、

分かっているんですけれど、分かっていないところもあって。
今日の朝も麻央の横になっているところで顔をさすったり、足をさすったり。
手を握ったり。
そういうところを見ると、私が今後、背負っていく物、やらなくてはならないこと、子供達に対してとても大きなものがあると痛感しました。

と語った。

小林麻央

出典:産経ニュース「リンク

最後のブログは「オレンジジュース」

乳がんで闘病中だった小林麻央はまだ34歳という若さでこの世を去った。
2016年9月から始めた闘病生活や私生活をつづっているブログは、6月20日に「オレンジジュース」と題して更新したのが最後となった。
病気を患いながらも352回もブログを更新し、ファンに声を届け続けていた。

今月20日の最後のブログには、

絞ったオレンジジュースを毎朝飲んでいます。
今、口内炎の痛さより、オレンジの甘酸っぱさが勝る最高な美味しさ!
朝から笑顔になれます。

と最後の麻央の笑顔の写真と共に投稿されていた。

夫の市川海老蔵は23日、「2017/06/23」と題しブログを更新した。
海老蔵は

人生で一番泣いた日です。
マスコミの方々もお察しください。
改めてご報告させていただきますので。
今日明日と二回公演のあと千穐楽。
そしてそのまま7月大歌舞伎の稽古です。
疲労はかなり出てきてますが、兎にも角にも全てを乗り越えて日々に感謝しながら過ごしたいとおもいます。

と記している。

小林麻央

出典:アメブロ「リンク

海老蔵に「愛してる」と伝え旅立った

市川海老蔵は同日、東京・渋谷のシアターコクーンで会見し、最期に麻央が「愛してる」と言って、息を引き取ったことも明かした。

海老蔵は前日22日の公演後、別の稽古があったが、それが終わった後に麻央の母親から「麻央の具合がわるい」と連絡が入っていたことに気づき、急いで自宅に戻ったという。

自宅に戻ると、麻央は話すことができなくなっていた。
海老蔵が横たわっている麻央の前に座ると、呼吸が苦しそうだったが、

不思議なことなんですが、息をひきとる前に『愛してる』と言って…彼女が…

と話すと涙が止まらなくなった。
海老蔵はしばらく目を閉じ、呼吸を整えてから、

愛してる、その一言を言って……泣いちゃいますよね。
愛してる、と言って、本当にそれで、そのまま旅立ちました。

とあふれる涙をぬぐいながら語った。

麻央が、がん公表後に開設し、家族への思いなどを赤裸々に綴ってきたブログ「KOKORO.」には、麻央の訃報が伝わった23日、病気に立ち向かった麻央を称え、勇気を与え続けたことに感謝するコメントが続々と書き込まれている。

その数は夜には8000件を超えた。
涙が止まりません。笑顔が忘れられません。」など無念を綴った投稿や、「同じ子供を持つ女性として気持ちが痛いほど分かります。」といった母親としてのコメントも見られた。

病気と向き合い前向きにブログを更新し続けた麻央に「たくさんの勇気をもらいました。麻央さんの言葉に何度も救われました。」と、気丈な姿を称え、今も感謝のコメントが止まらないようだ。

最期まで諦めず、戦い続けた海老蔵と麻央。
来世でも2人は幸せな家庭を築くのだろう。

<関連記事>
<訃報>小林麻央さん死去。海老蔵「人生で一番泣いた日」
<闘病中>小林麻央が悟った「私はここまでになる必要があったんだ」
退院した小林麻央が初めて主治医に尋ねたひとこと

小林麻央

出典:毎日新聞「リンク