<顔がナス色>ナスDが破天荒すぎる「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」

ナスD

ナスDが破天荒すぎる「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」

「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」がおもしろすぎる

顔がナス色に変色していることで“ナスD”と呼ばれる「友寄隆英ディレクター」のアマゾン奥地での破天荒ぶりが話題を呼ぶ、冒険バラエティー「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」が、10月からプライムタイムで放送されることになった。

今年4月に始まったばかりの「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」だが、たった半年での“昇格”となった。
この番組は「部族」「豪華客船」「ドローン」「釣り」「ミステリー」の5つの視点で、5組が世界中で取材を敢行する内容になっている。

「黄金伝説」などを手掛けた“ナスD”は「部族」を担当し、お笑いコンビU字工事とともにアマゾン奥地に入っていくのだが、生の魚を躊躇せず食べたり、川の濁った水を平気な顔をしてごくごく飲んだりと、その体当たりぶりに話題沸騰。
揚げ句の果てにタトゥーに使う染料を「美容にいい」と勧められて顔面に塗りたくり、顔がナス色に変わって取れなくなってしまった。
これには視聴者も関係者も大混乱。
もちろん一番驚いていたのは“ナスD”だったが、その後は大して気にもせず、平然とした顔で取材を続けていることから、“ナスD”のニックネームがついた。

ナスD

出典:ryus news「リンク

顔がナス色になっても大して気にしない

こうしたワイルド過ぎるエピソードは他にも、生魚を釣り上げた瞬間にまるかじりしたり、干したピラニアをキーホルダーにしたものをバリバリ食べたりと、部族にもドン引きされながらムチャクチャな行動をし注目を集めている。
まさに「体当たり」といえる取材を芸人でもないディレクター本人がやっていることから、最近の平凡なバラエティに新風を巻き起こしている。

裏のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や「都議選特番」、そして今最も視聴率が高く、同系統のバラエティ『世界の果てまでイッテQ!』など強豪がひしめく中、視聴率も9.6%を記録し伸びしろも十分だ。
そして、視聴者からの満足度は「4.06」と高満足度の基準3.7を大きく超え、なんと『イッテQ』の3.84を大きく上回る結果となったのだ。
『イッテQ』も高満足度の基準を上回っているが、その高いレベルでの争いに関係者も驚きを隠せない。

そんなアンケート回答者の高満足度の理由には、ナスDの活躍が次々にあげられている。
「ナスDで何度も爆笑!」などと、番組に寄せられたアンケート回答のほとんどにナスDが影響している。

ナスD

出典:ニフティニュース「リンク

ナスD以上の破天荒を見つけられるか

また、放送がスタートした4月以降のこれまでのレギュラー回を含めた15回を振り返ると、ナスDが登場した11回の平均満足度は3.89なのに対し、ナスDが登場しない4回の平均は3.44と極端に下がってしまう。
“ナスD”が登場しない回のアンケート回答には、「ナスDが出ていなくてがっかりした」というような声が多く、どれだけ視聴者がナスDを求めているかが見えてくる。
それゆえに、さらなる人気を獲得するには“ナスD”以外にも視聴者を楽しませる出演者が必要だ。

この番組は、破天荒なディレクターが活躍するというバラエティでもあるが、

アマゾンの実態を見て私たちの知らない世界を見た。
幸せとは何だろうと考えさせられた。

と言う声もあり、知られざる部族についてその生態や闇まで知れる”教養”もあるという、これまでになかった斬新な番組である。
視聴者が求める”唯一無二の素材”をナスD以外にも見つけられれば、多くのファンを獲得でき、国民的ヒット番組になるのではないだろうか。

顔がナス色に変色した“ナスD”こと「友寄隆英ディレクター」の破天荒ぶりと、これからの「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」にぜひ注目していただきたい。

<関連記事>
<ナスD>『イッテQ』打ち破る快進撃! 視聴者から”欲する声”
<バラエティ>番組“陸海空”の破天荒ナスDの人気が止まらない!!
<破天荒ディレクター>“ナスD”こと友寄隆英がゴールデン帯でも大活躍!!

ナスD

出典:joy sports「リンク