<若大将>加山雄三 傘寿を迎えても、エネルギッシュさはあのころのまま

バイタリティに満ちた若大将の活躍を、いつまでも

4月21日には「加山雄三80歳!若大将一夜限りのスペシャルライブ〜君といるときが一番しあせなんだ〜」を開催する。

『君といつまでも』『海 その愛』などのヒット曲で知られ、若大将の愛称で広く人気を集めてきた加山雄三が、4月11日に80歳の誕生日を迎えた。

出典:人物を紹介するブログ「リンク

‘61年に『夜の太陽』で歌手デビュー。’60〜’70年代に公開された『若大将シリーズ』でスターの仲間入りを果たした加山。ステージ上では伸びのある声で熱唱し、海の上では優雅にクルーザーを乗り回すことで有名だ。その若大将ぶりは、傘寿を迎えた今もそのままだ。

かねて「音楽は趣味。プロだと思ったら嫌いになってしまいそうだから」と公言しており、最近では音楽フェスにも積極的に登場し、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」とコラボレーションするなど、そのモチベーションは衰えをみせない。
プライベートでも、スマートフォンを使いこなし、アクションゲーム『バイオハザード』にハマるなど多彩な一面を覗かせる。
そんな尽きることのない好奇心が、奇跡の若々しさの秘訣なのかもしれない。

<関連記事>
騒音苦情が87件 埼玉県富士見市「ももクロ」コンサート
<大熱狂>ももクロ『夏のバカ騒ぎ』来年『春の一大事』開催発表!

出典:ドリーミュージック「リンク