<将棋・藤井四段>佐々木五段に敗れる!連勝記録ストップ

藤井四段 佐々木五段

<将棋・藤井四段>佐々木五段に敗れる!連勝記録ストップ

藤井聡太四段vs佐々木勇気五段

将棋界の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が2日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた「第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦」。そこで先手の佐々木勇気五段(22)に101手で敗れた。

昨年の12月のデビュー以来、ついに初黒星を喫した。自身が更新し続けてきた、歴代最多連勝記録は29でストップした。白熱した試合が終了すると、藤井四段は「機敏に動かれて、そのまま押し切られてしまった。完敗でした」と、いつも通りのクールな表情で対局を振り返った。
また、「将棋チャンネル」「Abema GOLDチャンネル」2チャンネル合計1100万視聴を記録した。Abema TV視聴数歴代2位となった。Abema TVの歴代1位視聴数は今年5月7日に放送された「亀田興毅に勝ったら1,000万」の1420万。

佐々木五段 藤井四段

出典:Twitter「リンク

藤井四段 公式戦初黒星

この日も32社100人もの報道陣が決戦場に詰めかけた、注目の一番。
藤井四段の対戦相手は、三段時代の昨年5月、愛知県岡崎市で行われた「岡崎将棋まつり」での早指し公開対局(非公式戦)で負かされた実力者であり、その甘いマスクでも注目される佐々木五段。

藤井四段は序盤から佐々木五段よりも持ち時間を多く使い、終始劣勢だった「周りの雰囲気に飲まれずに連勝を止める気で臨みます」と意気込んでいた佐々木五段の前に、昨年の雪辱は果たせず、公式戦で初となる敗北を味わった。

まだまだ遠い。一局一局頑張っていきたいと思う」と、悔しさを滲ませたが、既に次の戦いを見据えている。次回の公式戦は6日に関西将棋会館で行われる中田功七段(49)との順位戦。また連勝を重なるのか、初の連敗になるか注目が集る。

佐々木勇気五段とは

佐々木勇気五段

出典:なぜなにチャンネル「リンク

藤井四段の快進撃に終止符を打った佐々木勇気五段(22)とは、一体どんな棋士なのか。

スイス生まれで甘いマスクに女性のファンも多くもつ。藤井四段が台頭してくる前に「天才少年」と称されていた。

日本中が注目した大一番を制し、連勝を重ねていけばいくほど、誰がなるのかと注目され続けた「藤井ストッパー」になった。「プレッシャーは感じたが、私たちの世代の意地を見せたかった。壁になってよかった」とコメントし佐々木は勝利をかみしめた。

決勝トーナメントのカードが決まってから、藤井戦を強く意識していた。藤井の24連勝目、新記録の29連勝を飾った対局に足を運び、戦いを見守っていた。イケメンとしても話題を集める佐々木五段。今後は“藤井キラー”としても活躍していく事だろう。

<関連記事>
<将棋>藤井四段,29連勝!歴代記録30年ぶりに更新
<加藤一二三>「神武以来の天才」63年戦い抜いた!現役引退を発表!
<プロ棋士>愛されキャラで話題の「ひふみん」20日に引退懸けた対局が!

藤井四段 佐々木五段

出典:Hatena Blog「リンク