【対談】<VOCE × 倉持由香>グラドル界を盛り上げ、多ジャンルでも活動している倉持由香とは一体_。

▼はじめまして、VOCE編集長のPESS(ペス)です。
今回は、VOCE対談記事_第1弾として、お尻職人やグラドル自画撮り部、ゲーム・競馬・麻雀を愛してやまない知的な才能を持つ倉持由香さんと対談。
イラストが得意であり、競馬・麻雀で100万円獲得したり、自らSNSで発信してグラドル界を盛り上げる倉持由香とは一体――。

【倉持由香(くらもち ゆか)】愛称:もっちー
生年月日:1991/11/06
年齢:25歳
出身地:千葉県
ジャンル:グラビアアイドル
他活動:タレント・女優
所属事務所:G.P.R


PESS(以下:P
「はじめまして、今回は宜しくお願いします」
倉持由香(以下:倉持)
「はじめまして、宜しくお願いします」


絵・イラストについて

Pイラストに興味を持ち初めたのはいつ頃からでしょうか?
倉持:「物心がつく前からですね。とにかく幼少期から女体が好きだったんです。リカちゃん人形を裸にひん剥いて観察して描いたり、アニメ『セーラームーン』の変身シーンを一時停止して模写したりしてました。ジャポニカ学習帳に裸の女の子ばっかり描いてたので親から心配されました(笑)」

P得意なイラストはありますか?
倉持:「色んな漫画家さんの画風で描けるのが特技です!グラップラー刃牙風やベルセルク風、ブラックジャック風とか。色んな画風を描けます。田中圭一さんみたいになるのが目標ですね。」

P逆に難しいな~と思うイラストとかありますか?
倉持:「女体ばっかり描いてるのでメカとか直線的なものは難しいですね。あと、漫画は難しいなって思いました。ヤングアニマルの漫画「ナナとカオル」や「女子小学生はじめましたP!」の単行本の付録のアンソロジーに参加させて頂いたのですが、時間がかかってしまって。背景を描いたり、人物を色んな角度から描かなければいけないとか、やっぱり漫画は漫画のテクニックが必要なんだなぁって思いましたね。」


ゲームについて

P倉持さんは、ゲームが好きとの事ですが最近ハマっている(オススメ)のゲームはありますか?
倉持:「最近は『シャドウバース』にハマっていますね。毎日夜にランクマッチをしていて、Youtubeにもアップしています。やっとA0ランクまで上がりました……。あとはお仕事で関わっているゲームをプレイしたりしますね。あとよくコミュニティに関わっていたのは『ストリートファイターⅣ』ですね。ゲーマーの友達ができたので、みんなと一緒にゲーセンに行ってました。ただ、格闘ゲームは上手くなるには反射神経やコマンド入力の正確さなど高いスキルを求められるので、どんくさい私はなかなか厳しくて。『シャドウバース』は、じっくり考えたり、進化の使いどころ、またドロー運の要素があったりするので私でもワンチャン勝てたりするんです。最近は本当にハマっていますね。私、本当に運だけは凄く良くて、運が絡むゲームは得意なんです!」

Pシャドウバースはじめてみようかな(笑)
倉持:「やりましょう!やりましょう!最初に2万くらい課金すれば強いデッキ組めますよ!(笑)」

P無課金だと強くできないんですか?
倉持:「無課金でもコツコツやれば良いカードが集まるんですが、大人は手っ取り早く課金でいきましょう!(笑)」

P(笑)


麻雀について

P麻雀にハマったきっかけは何でしょうか?
倉持:「麻雀は東京ゲームショウでSEGAさんの「MJ」のお仕事をさせて頂いたことがきっかけですね。グラドル東風戦対局企画がありまして、それまで麻雀をしたことが1回もなく、とりあえず一夜漬けで教えてもらって『「東(トン)」と『白發中(ハクハツチュン)は2つ持ってたらポンするんだよ』とか、それくらいだけ簡単に教えてもらったら運が良くて優勝しちゃいました。そこで”あ!麻雀って楽しいな”って思ったのがきっかけですね。それからMJで練習したり、友達に雀荘へ連れて行ってもらうようになったりしました。」

P昨年末はAbemaTV『すっぴん麻雀』で見事優勝されて100万円GETされましたが心境は?
倉持:「優勝したら100万、最下位はその場ですっぴん!という女の子にはなかなかキツい企画だったのですが、完全に運だけで優勝しました(笑)でも、6時間生放送で本当に緊張してずっと頭が真っ白でした。100万円かかっていたので対局相手の方々も本気だし、あの空気に耐えられなくて……。多面待ちの待ちが分からなくなってしまって号泣、嗚咽。あんなに吐きそうになるプレッシャーを味わったのは人生で初めてでした。生放送で吐かなくて本当に良かった。コメントで「血でも抜かれてるの?」って言われました(笑)優勝したのにほぼすっぴんになってましたね。」

P想像できない恐怖だったんですね。ではまた、同じ企画でオファーがあったらどうしますか?
倉持:「えーーー。もう少し自信持ってバシッと打てるようになったら出たいなって思います(笑)今はまだ出られないですね。。。ただ出て良かったのは、優勝した副賞として自分で番組をプロデュースする権利を頂いたんです!先日4月15日にAmebaTV「すっぴん麻雀 presents ガチンコ脱衣麻雀」として6時間生放送させて頂いたんですが、なんと累計60万視聴!物凄く好評だったので、そこでプロデュースするのがやっぱり楽しいなって思いました。この仕事をしてるのにアレですが、私は目立ったりするのがあんまり好きじゃなくて……基本的に裏方志望なんですよ。何か企画を考えるのが楽しいです。


競馬について

P4月16日の皐月賞で100万馬券を当て、また4月23日のサンスポ賞フローラステークスでも万馬券を当てたそうですが、競馬も興味があるのでしょうか?
倉持:「本当に運がいいな~って思います(笑)JRAさんの競馬エンタメサイト「Umabi(うまび)」の『うまびPEOPLE』としてPR活動をしているのですが、その活動を始めたのが、去年の北九州記念の時。よく分からないまま馬券を買ってみたのですが、そこで3連単と3連複が当って。競馬新聞の見方とかオッズの意味もわからなくて適当に『ん~~、これ!!』で決めたんですが、その時100円が4万円近くになりました(笑)ずっと欲しかったルンバを買って、バクシンテイオーって名付けました。今も元気に部屋をバクシンしてますよ。」

P初めての馬券は『これっ!』で決めたんですか!(笑)では、最近の競馬予想はどういうふうに決めますか?
倉持:「今も正直競馬に対しての知識はそこまでないんですよね。。勉強してるんですが難しいので、だいたい勘で決めてます。運だけは本当に良くてだいたい3連複は当たるんです!競馬で勝ったら必ず家電を買うんですが、家電で欲しい名前があったら、それっぽい馬を軸にしたりします。バルミューダのケトルが欲しい時は、アルゼンチン共和国杯でシュヴァルグランを買ったら当たりました。何となく優雅に注げそうな名前だったので(笑)今後、正確な予想はTwitterで報告しますね!

PTwitter楽しみにしてますね(笑)


尻職人について

Pグラドル自画撮り部について教えて下さい
倉持:「もともとは、私一人で尻職人として自撮りを載せていたら、Twitterのフォロワー数が3千人から1万人、3万人と一気に増えたんです。お仕事もどんどん増えてきたので『お!これはグラドルが自己PRするのに有効な手段なのかな?』と思って、ハッシュタグを使用して皆で共有できれば業界全体が盛り上がるかなって思ったので始めました。そしたらグラドルの子はPRになるし、ファンの方はそのハッシュタグ(#グラドル自画撮り部)をチェックするだけで、『あ!この子可愛い』って調べる事も出来ますし、クライアントの方もキャスティングするのに楽だな~って。誰も損しないシステムを作りたかったので。」

P事務所側から反対されなかったのでしょうか?
倉持:「そうですね。『自画撮りをアップし続けるとDVDや写真集が売れなくなるんじゃないか?』と当時のマネージャーには反対されましたが、成功すると思ったので無視して続けました。成功すると思った理由は、一眼レフの綺麗な画質ではなく、携帯撮影での画質なので既存のグラビアコンテンツを侵害しないからです。部屋がちょっと汚かったりとか、スマホで顔が隠れていたり、自画撮りには未完成さがあるのですが、そこが良いんです。カメラマンさんの存在しない、鏡とスマホと彼女だけの世界。「彼氏に頼まれて送っちゃいました」みたいなプライベート感のある写メにしたくて。そうするとフォロワーさんは親近感を覚えるので。数年前はグループアイドルさんが全盛でグラドルが雑誌の表紙を飾りにくい時代だったので、ティッシュ配りじゃないですけど自画撮りをTLにばら撒いてとにかく知名度を上げることが必要だったんです。」


SNS・モットー・行きたい場所について

P噂だとグラビア界でTwitterのフォロワーがNo.1(約24万人)だと聞いてますが、今後ファンやフォロワーを増やしていく為にどんな展開を考えていますか?
倉持:「レジェンド級の方々以外で、今グラビアや雑誌に出ている中ではトップなのかなぁ。今後は爆発的に増やしていくなら地上波にもっと進出していくのと、あと麻雀や競馬が好きな方、ゲーム好きな方からもフォローして頂いているので、グラドルだけではなく、色んな方面の方々から興味を持って頂けるようにマルチに活動していくのが大事かなって思います。」

P様々なジャンルで活動しているのは凄い事ですね。
倉持:「私、本当にインドアで、アクティブな趣味は全然ないんですけど、インドアでの趣味は多いですね。兄がいるのですが、兄がゲーム好きで、父がギャンブル大好きで(笑)兄と父の影響が凄いんです。モットーにしている事が2つありまして、全ての趣味は全て仕事に繋げ、そこで結果を残す事。そしてもう1つは、競馬や賞金などで手に入った『あぶく銭』はパーっと全て使うようにしてます!そうしたらまた運もお金も戻ってくるんですよ。」

Pお金は何に使いました?
倉持:「同じ事務所の吉田早希ちゃんと一緒にハワイ旅行に行って、そこで80万くらい使いました!ホテルもハイアットに泊まって、免税店やアウトレットでcoachとかGucciとか買って、たぶん人生で初めてブランド物を買いました(笑)」

Pえーー!!109や伊勢丹とかでショッピングしたりしないんですか?
倉持:「普段はメルカリでしか買わないんです!ご飯は富士そばと松屋ですし、お給料は全て貯金してます!結構しっかりしてるんですよ!その分、競馬で勝ったお金は一気に使います(笑)100万円当っても自分1人でいる時に豪華な食事をしたりはしないですね。松屋でポテサラ変更したりするくらいです。みんなで焼肉行ったりした時に『支払いは任せろー!』って感じですね。普段周囲にお世話になりっぱなしなので、そういう時に恩返しするようにしてます。」

Pそれでは今後、ロケ・撮影・プライベートで行ってみたところ(国内・海外)はありますか?
倉持:「国内だと色んな競馬場に行ってみたいです!小倉とか札幌とか。国外だとヨーロッパですね。ジョジョの5部が大好きなのでイタリアに行きたい!フィレンツェ行き超特急に乗るのが夢ですね。ポンペイ遺跡も見たいなぁ。あとはフランスで凱旋門賞も観たいです!!」

Pヨーロッパは今まで行ったことありますか?
倉持:「オランダのロッテルダムに行ったことがありますね。フリー時代だった19歳の時に、当時流行っていたmixiのメッセージで映画監督からオファーが来て、主演をさせて頂きました。それが『タリウム少女の毒殺日記』です。東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で作品賞を頂いて、グリーンカーペットを歩きました。それでロッテルダム国際映画祭にも行ったんですよ!それも運がいいなって(笑)初主演でこんなにトントンいっていいのかなって思いました。」


今後の目標

P今後の目標を教えてください。
倉持:「バラエティーが好きなので、MCの経験をもっと積みたいなって思います。あと、やっぱりグラビアが好きなので、グラビア雑誌の表紙が目標ですね。週プレ、ヤンジャン、ヤンマガを制覇したらグラビア引退しても悔いはないです。」

VOCEを見てくれている方へ

倉持:「VOCEご覧の皆さん、改めまして、倉持由香です。ここまでインタビューを読んでくださりありがとうございました!私のTwitterでは、お尻の画像やイベント情報などたくさん呟いてるので是非チェックして下さい!ゲームや麻雀、競馬好きの方も是非フォローして下さいねっ!週末は尻予想も載せてますよ〜!」


PESSからのお願い

P最後に即興イラストがお得意だと聞いたのですが、僕の顔を即興で書いてもらえますでしょうか?
倉持:「はい、いいですよ!」

P
そっくり!!対談&イラストありがとうございました!


【倉持由香 SNS】
‣Twitter:倉持由香 @yukakuramoti
‣Instagram:倉持由香 @yukakuramoti
‣Blog:倉持由香オフィシャルブログ「リンク

‣所属事務所:株式会社GPR「リンク