ビックダディAV出演で、家族もあそこもダディ流

林下清志

ビックダディAV出演で、家族もあそこもダディ流

ビックダディAV出演でフルプロデュース

“ビッグダディ”の愛称で親しまれている、タレントの林下清志(52)が18日、都内で会見し「教えてビッグダディ!!林下清志のHow to SEX!!」(10月13日発売)でAVデビューすることを発表した。
林下は7度の離婚歴があり、10人の子供をもうけているが、同作の主演・監修・脚本を担当し、“セックスの達人”として登場。女優との絡みはないものの、性の悩みを指南するという。
子どもたちのリアクションを問われると「反対は一人もいない」といい「理想としてはカップルで見てほしい」と呼びかけるなど、いつもの余裕っぷりを見せていた。

林下清志
via google imghp

「知識がすごい」”ダディ流”テクを指南

今作は、林下が主演・監修として参加。出来れば期待したい、セクシー女優との絡みはないが、男女問わず性の悩みを聞き、”ダディ流”のテクを指南する。
出演の経緯は、あの話題となった。エイプリルフールに林下が告知をしていたAV出演『俺はこうゆう人間だ!』の冗談がきっかけだったそう、今まで業界からオファーはあったものの、興味がそそられなかったが、今回のAV出演に関しては、発売元のKMPが自身のプレゼンを聞き入れてくれた為、出演を快諾したという。共演したセクシー女優・南梨生奈からも「知識がすごい」と絶賛され「面白そうだと思ってやらせていただいた。案の定、面白かった」と話し、自身の“あそこ”について聞かれると、「3分くれれば膨張率はすごいよ。小学生みたいな朝顔のつぼみからニンジンくらいにはなる」と誇らしげに、謎の自慢をしたという。
現在は40代のOLと1年半プラトニックに恋愛中というが、出演にあたって彼女の許可をとったことも明かしていた。

林下清志
via google imghp

あの、人気テレビ番組『痛快!ビッグダディ』お蔵入りか?

人気テレビ番組『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系) でブレークした林下は、柔道整復師、タレント、プロレスラー、ホストとさまざまな転身を続け、現在は沖縄でジンギスカン店の雇われ店長をやってるという。
AVデビューとなれば、今後、またバラエティー番組などからお呼びがかかりそうだが、そうなるとあの人気番組がお蔵入りとなりそうだという。
林下といえば一躍その名を世間に広めたのが、テレビ朝日系で06年から13年まで放送されていた『痛快!ビッグダディ』シリーズ。回を重ねるごとに視聴率がアップした人気コンテンツで、再放送してもそれなりに視聴率が取れていた。
しかし、林下がAVデビューとなればCMスポンサーに気兼ねして今後、話題の”渾身ダディ”が出ただけに、今放送すればそれなりの視聴率が見込めそうだが…。再放送するのは難しそうだ。

林下清志
via google imghp