木村拓哉が主演映画「検察側の罪人」二宮和也と初共演!

検察側の罪人

木村拓哉が主演映画「検察側の罪人」二宮和也と初共演!

元SMAPの木村拓哉が主演する来年公開予定の映画「検察側の罪人」の撮影現場の仰天エピソードと、先日行われた打ち上げの様子を、発売中の「女性自身」が報じている。

▼木村拓哉が主演「検察側の罪人」
検察側の罪人
via google imghp

木村拓哉といえば、その愛称である「キムタク」は世間に定着しているが、一時期本人が凄く嫌がっていたようで、関係者の間では本人に対してそう呼びかけることはタブーというのが定説だという。露骨に嫌がっていた頃の彼は他にも色々とこだわりがあったそうだ。

同映画では嵐の二宮和也が共演。同誌によると、事務所の大先輩である木村拓哉に対して敬語で話していたのに対し、ヒロイン役をつとめる女優の吉高由里子にはそんな常識にはまったく通じず、吉高由里子は木村拓哉と波長が合ったようで、木村拓哉に対し「ねぇ、タクちゃん」と普通に話し掛けていたというのだ。

▼吉高由里子、木村拓哉に対し「タクちゃん」!?
吉高由里子
via google imghp

当然のように周囲は凍り付いたというが、木村拓哉は吉高由里子を可愛がっていたため、撮影はスムーズに進んだという。

木村拓哉と二宮和也の初共演で話題の同作は、東京地検を舞台に、ある殺人事件をめぐり、2人の検事が対立する雫井脩介氏による傑作ミステリーを映画化。吉高由里子は、木村拓哉、二宮和也の「正義」を巡る闘いの行方を左右する重要なヒロインである、検察事務官役を演じる。

▼吉高由里子は、木村拓哉、二宮和也の「正義」を巡るヒロイン
検察側の罪人
via google imghp

「吉高といえばかなりの“年上キラー”で、ドラマで共演した福山雅治からはかつて映画で脱いだことを話題にされ、『おっぱいキレイだね~』と振られ、『ありがとうございます!』と堂々と返し、福山に気に入られるようになったのは有名な話」

だとテレビ関係者は言う。

同誌によると、都内で同映画の打ち上げが行われたのは今月12日。木村拓哉がお気に入りの吉高由里子は急性胃腸炎のため、二宮和也は仕事のため欠席だったというが、木村拓哉はかなり気さくだったそうだ。

▼木村拓哉、二宮和也でどんな演技を見せてくれるか
検察側の罪人
via google imghp

スタッフの1人1人に律義にあいさつ回りをし、喫煙所では大道具のスタッフと談笑。若いスタッフとの記念撮影にも気軽に応じていたというのだ。そして、終了後には屋台の片付けをするスタッフ全員に丁寧に頭を下げていたという。

SMAPの解散騒動でいち早くジャニーズ事務所への残留を表明したことで、ファンの間では「裏切り者」とレッテルを貼られイメージダウンしたのもあって、解散後初となる主演映画なので力も入っているのだろう。

▼木村拓哉はSMAPの解散騒動でジャニーズ事務所への残留
検察側の罪人
via google imghp

検察側の罪人(映画)は2018年中の劇場公開が決まった注目の新作邦画!『クローズド・ノート』や『犯人に告ぐ』などの人気作を数多く生み出したミステリー作家・雫井脩介さんが手掛けた推理小説が原作となっている映画だ。

推理小説をランク付けする企画「このミステリーがすごい!」の2014年版には8位にランクインするなど、日本中のミステリーファンから絶大な支持を得ている作品の実写映画版で木村拓哉と二宮和也はどんな演技を見せてくれるのか?

▼木村拓哉、二宮和也ジャニーズファンにはたまらない夢のタッグ
検察側の罪人
via google imghp

世間では「二宮が主演木村を演技力で食う!?」なんて事も言われてるが、2人の演技力が作品の命運を握っているといっても過言ではない。注目しないわけにはいかないだろう。

検察側の罪人ネットの反応は?

ファンは今か今かと木村拓哉、二宮和也の「検察側の罪人」を楽しみにしているコメントが飛び交っている。さすがはジャニーズ代表の役者だ。

「検察側の罪人」まとめ

木村拓哉と二宮和也は初共演で公開前からかなりの注目を集めている。撮影現場では木村拓哉と吉高由里子の仲がいいらしく順調に進んだという。さらに打ち上げでは残念ながら、木村拓哉がお気に入りの吉高由里子は急性胃腸炎のため、二宮和也は仕事のため欠席だったというが、現場で木村拓哉はかなり気さくだったそうだ。