KinKi Kids司会のまけたらアカン、女子高生のエロを放送し打ち切り

KinKi Kids

メジャーデビューする前にKinKi Kidsが司会をしていた番組があった!?

遡る90年代、たくさんのバラエティ番組が生まれた。
今も続くほどの長寿番組がある一方で、もちろんすぐに終わってしまった番組もたくさんある。
その中でも短命に終わった番組のひとつが1996年10月に始まった『まけたらアカン!』だ。
司会は当時まだ若手として売り出し中だったジャニーズメジャーデビュー前のKinKi Kidsである。

▼KinKi Kidsのまけたらアカン!
KinKi Kids
via google imghp

『まけたらアカン!』は途中から番組内容がどんどん変わって行ったことで注目を集めた。
放送当初にメインだった企画は、剛チームと光一チームに分かれ、テーマに沿ったVTRを出し投票によって勝ち負けを決めるというもの。
タイトルそのままのオーソドックスな内容だ。
しかし番組が始まってみると視聴率もあまりよくなく、途中からテコ入れされて内容をガラッと変えることに。

▼当初は普通の番組だったが…
KinKi Kids
via google imghp

コードブルー映画化にジャニーズ事務所がストップをかけていた!?

2017.09.26

女子高生の早着替えがメインの番組に変更されてしまった!?

その時メインとしてテーマにされたのは女子高生だった。
当時は援助交際が社会問題化した一方で、女子高生発信のルーズソックスやガングロ、若者言葉などの流行に注目が集まっていた。
そんな背景もあり「女子高生人前早着替え選手権」に番組内容は変更された。
この企画は当時話題となっていた、女子高生がコインロッカーに私服を預けて登校し、放課後に私服に着替えて遊びに行くところからインスピレーションを受けた。

▼当時の女子高生といえばこんな感じ…
KinKi Kids
via google imghp

流行を取り入れたとも言えるが、その内容は“エロ”要素が強かった。
ルールはというと、剛チームと光一チームに3人ずつの女子高生が登場し、1人目が制服から私服に、2人目が私服から1人目が脱いだ制服に、3人目が制服から2人目が脱いだ私服に着替えていくというもの。
そして、3人目が脱いだ制服を先にハンガーにかけたチームが勝ちというルール。
女子高生が着替える様子は仕切りがあるわけではなく、そのまま生で放送されていた。

▼エロ要素で視聴率を稼ぐように…
KinKi Kids
via google imghp

東山紀之が初のキャスターに挑戦!相次ぐジャニーズキャスター!

2017.09.20

KinKi Kidsもエロすぎる内容に戸惑っていた

月曜夜7時の内容とは思えない過激さで、ほかにも水着の女性が登場し、胸を強調したポーズをとったり、体の柔らかさを競ったりと、露骨な“エロ”で視聴率を稼ごうとした。
彼女たちと同世代だった当時のKinKi Kidsは、これらの“エロ”に対して戸惑う様子が頻繁に映し出され話題に。
そうしたことも影響して番組は迷走を続け、放送開始からわずか5カ月後に打ち切られてしまった。

▼5ヶ月で打ち切られてしまったKinKi Kidsの番組
KinKi Kids
via google imghp

今では本当に考えられない内容。
過去の番組を振り返ると、今では見られない面白いものがたくさん出てきそうだ。

KinKi Kidsのまけたらアカンについてまとめ

メジャーデビューする前にKinKi Kidsが司会をしていた番組が存在していた。
当初は普通の内容で始まった「まけたらアカン」。
しかし、視聴率があまり上がらないということで、急遽女子高生の生着替えをメインで放送することとなった。
今では考えられない内容だ。
そしてそのエロを勝負に視聴率を稼いでいたが、結局5ヶ月で打ち切られてしまうことに。
これにはKinKi Kidsの2人も戸惑ったことだろう…