<ツイッター>ローラが事務所社長とのクッション役にボイコットされた!?

ローラ

ローラが事務所社長とのクッション役にボイコットされた!?

ツイッターで「10年の信頼を返してください」

ツイッターでの“意味深ツイート”が話題を呼んでいるローラだが、所属事務所社長との確執が原因だとの憶測が飛び、事態はかなり深刻な状況に陥っていることがわかった。
ローラの事務所では昨年、事務所スタッフが一斉離脱するという“ボイコット事件”も発生していたというのだ。

ローラは突然ツイッターに「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない。」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください。」などとつぶやき、デビュー時から所属している“事務所”と何かあったのでは?と噂されていた。

ローラ

出典:YouTube「リンク

ローラを支えたチーフマネージャーも退職

社長は海外在住の30代若手経営者で、ローラのマネジメントは社長ではなく国内スタッフが担当していたというが、ある時を境に状況が一変、社長が日本に移住し、ローラと2人だけで仕事を進めるようになった。
元のスタッフたちは徐々に不満を募らせ、昨年末に公開されたローラの出演作『バイオハザード:ザ・ファイナル』の撮影の影響で、ローラは決まっていた仕事を相当数飛ばしてしまったらしい。

スタッフ陣としては、自分たちが必死に獲得した仕事を全て無にされた挙げ句、社長とローラに『ハリウッドデビューの方が大事でしょ!』と言われ、大きなショックを受けたという。
結果的に昨年、片手では足りないほどのスタッフが“大量離脱”しボイコット状態になってしまった。

ローラを支えていたチーフマネジャーも退職し、社長とローラのクッション役がいなくなってしまったことで今回のような意味深ツイートを投稿したのではないか。

昨年辞めた人間は、ローラを間違った方向に進ませたとして、社長へ少なからず恨みを持っています。
箱入り娘として育てられ、マネジャー同伴でなければタクシーに乗ることさえ禁止だったローラも、社長が介入してから、異性スキャンダルが頻出するように。
さらに今後は、元スタッフたちが、マスコミにローラのネガティブな情報を持ち込むことも考えられるでしょう。

と関係者は語る。

ローラ

出典:毎日キレイ「リンク

事務所の危機管理能力が問われる

ローラは更にツイッターで「家族や兄弟を大事にしようね。いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ。でもねお兄ちゃんが守ってくれているの。」とつぶやいているが、果たして彼女は今後事務所とどう付き合っていくのだろうか。

最近では事務所とタレントの間のトラブルが目立ち、のん(能年玲奈)、清水富美加、西山茉希など、契約内容や金銭問題のトラブルが多発している。

所属タレントとのトラブルは事務所の対応が問われる時代だ。
元SMAPの独立問題が勃発したときも、メンバーをテレビで公開謝罪させて対応したジャニーズ事務所には「かわいそう」といった声も上がり、批判される側面もあった。
謝罪に意味があったのかという疑問は多いが、事務所の対応の難しさを感じる。
事務所の危機管理能力がタレントを守ることにつながるのだろう。

ツイッターでの“意味深ツイート”が話題を呼ぶローラ。
所属事務所社長との確執が溶ける日は来るのだろうか。

<関連記事>
<小倉智昭キャスター>事務所に女性を呼び出し密会していたことが発覚
<田原俊彦>質問へNGなし!ジャニーズ事務所時代は月給は30万円
<木村拓哉が追突事故>ジャニーズ事務所が謝罪

ローラ

出典:富士祭「リンク