<都議選>候補者、民進やめるってよ※追加3名入りま~す

民進党から離党3名入りま~す!「喜んで!」

またもや東京都議選で民進党が公認している候補が離党するニュースが報じられた。離党ドミノはとまらない。現職の都議2名と、新人1人が離党するのだという。

都議会の民進党系会派「東京改革議員団」団長代理の酒井大史氏(立川市)、同会派幹事長代理の小山有彦氏(府中市)の現職2人と、新人の日野市議・菅原直志氏(日野市)の3人だ。

民進党では公認候補者が36人いるが、すでに9人が離党しており、これで12人のチーム離党となった。現在旋風を巻き起こしている小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」にすがりつこうとしている離党組は多い。

離党組にもリスクはある。国民の目からしてみれば選挙に受かりたいだけとみられてしまうからだ。

実際今回3人が離党と報じられ、国民からは

「無所属で当選したら、また民進党に戻るんでしょ?」
「民進党から離党するのは懸命な判断だと思うが、小池都知事に擦り寄るのは如何なものか?ブームが過ぎ去った後も高度を共にする覚悟があるのであればそれでも良いが。」
「ホントに「離党」してるのかな〜」

と、中には“偽装離党”といった声すらあがっている。

しかし民進党内では一部の議員の間では

議席ゼロも覚悟しなければならない

という声もあがっており、窮地に立たされている。

<関連記事>
<懸賞金!?>不倫議員、中川俊直氏を探せ!見つけた人にはなんと500万…
<ドミノ離党>都議会民進党から自民党へ繋がっていく、ゴールは都民ファーストの会
<都議選>民進党の離党ドミノが止まらない!

出典:Yahoo!ニュース「リンク