<“天才”リオネル・メッシ>30歳を迎えたメッシの進化とは

リオネル・メッシ

<リオネル・メッシ>30歳を迎えたメッシの進化とは

史上最高の選手・メッシ

リオネル・メッシ

出典:MUNDO「リンク

6月24日に30歳の誕生日を迎えた、ビッグクラブ・バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。
三十路を迎えたということで、メッシの今後のパフォーマンスが注目される。しかし同選手の調べを進めると、今シーズンですでに、ある変化が生じている。イギリス紙『デイリー・メール』が24日に伝えていたところによると、メッシは今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは37ものゴールを奪っており、4年ぶり4度目の得点王に輝いた。
また、8年連続で公式戦40ゴール以上を記録している。アルゼンチンが誇る“怪物”はゴールゲッターとして能力を改めて世に知らしめたのである。現代だけでなく史上最高の選手と称されるメッシにはどのような進化を我々に見せてくれるだろうか。

さらなる進化をみせる

メッシの得点エリアを分析すると、これまでにない傾向が明らかに。同紙によると、メッシが公式戦で挙げたゴールは54。そのうちペナルティエリア内からの得点率は74%を記録。この数字はトップデビュー以降では、自身のワースト数値。
しかしその一方で、ペナルティエリア外からの得点数は「14」を記録。この数字は自身のキャリアで最高となる。このことから、
彼はミドルシュートやロングシュートといった“長距離砲”を新たな得点パターンとして身につけつつあるといえる。

自己最多となった公式戦73ゴールを記録した11-12シーズンは、ペナルティエリア内からの得点率が94.52パーセントという驚異の記録叩き出している。しかしペナルティエリア外からの得点数はわずかに「4」。当時は得点エリアがかなり限定されていたことが分かる。

リオネル・メッシ

出典:SOCCER KING「リンク

“天才”の今後は

こうした変化はメッシの「ストライカーとしての進化」と捉えることができる一方で、バルサのサッカースタイルにも影響を受けたのでは?とも考えられる。14年にルイス・エンリケ監督が就任して以降は、バルセロナは前線の3トップ、“MSN”(メッシ、スアレス、ネイマール)を最大限に生かすため、高速カウンターを導入した。スアレスの加入で、メッシの基本ポジションは最前線の中央から右へ移動したため、ゴールから少し遠ざかってプレーをすることが多くなった。

来シーズンは、エルネスト・バルベルデ新監督のもとで新たなスタートを切るバルセロナ。メッシのその得点力はもちろんだが、今まではドリブラーのイメージも強かった。
そのメッシが“飛び道具”が身につけられたとしたら、まさに鬼に金棒。30歳になった“天才”にはさらに注目が集まる。

<関連記事>
<有罪確定>メッシ、脱税容疑で懲役21カ月確定
<C・ロナウド>脱税の疑い!レアル、スペインリーグ会長は擁護!
<前代未聞の暴力行為>ACL浦和レッズ戦で韓国チームの蛮行

リオネル・メッシ

出典:ゲキサカ「リンク